疲労が溜まった爪のイメージ

ジェルネイルで溜まったダメージはネイルサロンでケアすることが重要

ジェルネイルは女性に人気のネイルメニュー。

ネイリストさんに施術してもらうため、ジェルネイルをしにネイルサロンへ通っている人も多いでしょう。ジェルネイルは爪の長さがなくても塗ることができるので、誰でも手軽に行えます。また発色がよく、透明感があるのでツヤっぽく、一度付けると剥がれにくいのでマニキュアよりも持ちがよいでしょう。

爪の疲労と回復のサイクル

【ジェルネイルとマニュキアでは寿命が違う】

マニキュアは1週間程度で剥げてしまうことが多いのですが、ジェルネイルにおいては1ヶ月程度美しさを保持することができるのです。しかしジェルネイルを塗るときに表面の光沢をなくすため、爪に細かい傷をつけます。この傷によって爪が弱まり負担がかかることもあるのです。またジェルネイルを直接自爪の上に塗ることになるので、爪は弱まり、ジェルを剥がした後に自爪がボロボロになってしまうケースもあります。

【爪には時に休養も必要】

このような状態になってしまったら一度ジェルネイルはお休みして、ネイルケアを中心に行うようにするとよいでしょう。ネイルは身体の一部ですから、当然コンディションというものが存在します。よく、爪がデコボコしているのは栄養失調の証拠であると昔から言われてきたりもしました。

記事の前半で取り上げたように、場合によってはジェルネイルを行うことによって、爪にダメージが蓄積します。人間も、疲労がたまった状態では、表情に輝きを保つことが難しく、はきはきと仕事をこなしたりするのも難しかったりします。爪の場合も同じでダメージが蓄積することによって、艶がなくなったりします。

爪の疲労に気が付いたら、すぐに爪を休めてあげましょう。

 

【ネイルのケアに最適なサロンはネイルズユニーク】

ネイルサロンの代名詞でもあるネイルズユニークではネイルだけでなく、ハンドケアも行っており、総合的なケアによって健康的な爪先になることができます。ネイルケアだけが目的で来店するユーザーも多いので、気兼ねなく訪ねてみて下さい。

ネイルズユニークのロゴ

ネイルズユニークの社長はネイルに対する情熱と、顧客へのサービス精神の高さで有名で、常にユーザーを満足させるためにより高いレベルのサービスをネイルズユニークにおいて展開してきました。

またネイルズユニークは、これまでにも優秀なネイリストを多数輩出しており、ネイルズユニーク・カレッジもあるほどです。カレッジの講師はJNA(NPO法人 日本ネイリスト協会)本部認定講師からの指導を受けることもでき、ジェルネイル技能検定試験を受験することによって資格を取得することもできるのです。

ネイツズユニークカレッジのイメージ

このように充実した環境を整えているネイルサロンを利用することは、自分のネイルを労り、大切にする上で非常に重要です。

最上級のネイルケア、ハンドケアを受けて、手先から綺麗になっていきましょう。